×

研究プロジェクト

高橋産業経済研究財団支援学術プロジェクト

 東アジア研究所では、前身の地域研究センター(1984年設立)草創期の1985年以来、財団法人 高橋産業経済研究財団のご支援を頂戴し、2年間の学術プロジェクトを毎年2本立ち上げ、常時4本のプロジェクトを進めてきています。その成果は、ほぼ例外なく学術書として出版されており、2018年度現在では、以下のプロジェクトが進行中です。

「近世・近代アジア経済史の統合的探究」
 (研究代表者:太田 淳 経済学部准教授)
「『いのち』と毛沢東時代―中国政治社会の変動に関する新たな研究―」
 (研究代表者:鄭浩瀾 総合政策学部准教授)
「慰霊供養と神格化から見る台湾人の歴史認識―民衆史学の構築をめざして」
 (研究代表者:三尾 裕子 文学部教授)
「アジアにおけるメディア政治の現代的位相」
 (研究代表者:山腰 修三 メディア・コミュニケーション研究所准教授)

過去のプロジェクト一覧

| 1985年-1989年 | 1990年-1994年 | 1995年-1999年 | 2000年-2004年 | 2005年-2009年 |
| 2010年-2014年 | 2015年- |
叢書(プロジェクトの研究成果)

研究プロジェクト

 高橋産業経済研究財団支援学術プロジェクト以外に、現在進行中の研究プロジェクトには以下のものがあります。

「慶應義塾大学人類学研究会」(代表者:鈴木正崇 文学部名誉教授)
http://keioanthropology.fc2web.com/
「日韓関係の未来を開く会」(代表者:西野純也 法学部教授)
「アジア大統領制の比較研究」(代表者:粕谷祐子 法学部教授)